お葬式はじめの一歩

生前整理や遺品整理はプロに依頼しよう│人生最期のお片づけ

家族に代わって整理

遺品整理の仕事について

亡くなった人が生前使用していた物、例えば、家電、貴金属、衣類、書物などを遺品という。これら遺品を、家族に代わって処分したり回収したりする、整理全般の仕事を一般に遺品整理業とよんでいる。この業務を行う業者、遺品整理業者には、引っ越し業者、廃品回収業者、買い取り業者、リサイクルショップなどがあるが、最近では、遺品整理業として専門的に請け負う業者が増えている。遺品整理を行うのに特に資格は必要ないが、ここ数年、遺品整理士という資格が注目されている。その理由は、この業務に関係する法整備が遅れており、遺品の不法投棄、依頼者とのトラブルなど多くの問題が発生していることから、業界全体の健全化をはかるため、人材育成が必要と考えられたからだ。この資格は、遺品整理士認定協会が運営している、遺品整理士養成講座を受講して認定試験に合格すると取得できる。

良い業者を選ぶためには

ある程度の経験を積んでいないと、依頼側としては心配であるからだ。業者の情報を知るには、インターネットで事前にホームページを閲覧しておく、口コミ情報で評判を確認しておくことも重要である。また、遺品の種類、量によっては、その処分や運搬に管轄の地方自治体の許可が必要となるものがあるので、業者が許可を申請し、認可されているか調べておく。許可を必要とするものには、一般廃棄物収集運搬、産業廃棄物収集運搬がある。費用がいくらなのかも重要なポイントである。遺品の量、住居の形態、特別な清掃の有無などによっても変わってくる。また、処分場に廃棄する場合は、別途費用が発生する。数社の見積りを取っておく必要がある。

Copyright(C) 2015 生前整理や遺品整理はプロに依頼しよう│人生最期のお片づけ All Rights Reserved.

トップページへ